叫ぶ男性

人材派遣業の会社の実力を知るには

人材派遣業の会社を選ぶために、会社概要や実績を見ても会社の実力を判断するのは困難とされます。なので、その時は実際に営業担当者に会って、取り組み姿勢と対応で判断するのがお勧めとされます。また、人材派遣会社の営業担当者は会社の代表となるので、会社の実力を知る際に営業担当者の対応の仕方で判断しやすいです。
営業担当者の対応は、人材派遣のシステムや制度、そして義務や自社の特徴について明確に説明できているかを具体的に知ることができます。他にも、依頼する側の案件やニーズについても把握しているかどうかにより、会社の実力を伺い知ることが可能になります。さらに、派遣スタッフの登録の際に、面接を省いたり軽視していると人材派遣業の会社として低いレベルとされます。そのため、派遣スタッフとして登録される時にも営業担当者の行動によって、まだ派遣されてなくても会社の実力を確認できます。そして、営業担当者に社会人としての良識とマナーがあるかを知ることで、質問やクレームに、迅速に的確に対応できるかを知ることができます。それに、常に相手の立場に立って真摯な態度で接しているかも、人材派遣業の会社としての実力を測るのに重要な判断材料となります。
人材派遣業の会社を選ぶ際は、営業担当者の対応によって会社の実力を明確に知ることができるので、営業担当者の対応が優れていれば優秀な会社として判断できます。

人材派遣業の仕組みについて考える

人材派遣業において、人材派遣会社が自社の常用社員か登録スタッフの中から、業務内容と業務レベルといった派遣先企業のニーズに合致した人材を選出します。そして、派遣される派遣スタッフの了承を得た上で派遣する形になりますが、派遣する人材は派遣元に一任されています。そのため、派遣先の企業で採用試験が行われることはありません。
そして、派遣先企業の依頼内容を考慮しつつ条件に適した人材を選定して、業務を依頼して契約まで進めると、労働者派遣契約が結ばれます。この時、派遣先企業と人材派遣会社の間に労働者派遣契約が結ばれると同時に、雇用関係が結ばれることになります。人材派遣会社と派遣スタッフの間に雇用関係が結ばれたら、派遣スタッフは派遣期間中は派遣先企業の指揮と命令関係と下に置かれます。よって、派遣スタッフは人材派遣会社と雇用関係にあるだけでなく、実際の職場は派遣先企業になります。
また、派遣スタッフに支払われる賃金は雇用主である人材派遣会社から支払われます。けれども、勤怠管理を含む労務管理は、指揮と命令権のある派遣先企業が行うことになります。ちなみに、人材派遣会社が派遣先の企業に請求する派遣料金と、派遣スタッフに支払う賃金は派遣先の企業での業務次第となります。人材派遣業では、派遣先の企業での業務内容とレベルにより、定められている時間単価と実労働時間をベースに派遣料金と賃金が算出される仕組みとなります。

自由度の高い人材派遣業について

人材派遣業には、登録型となる一般労働者派遣事業と常用型の特定労働者派遣事業があります。登録型は、新卒派遣を除いた職業経験のある労働者が人材派遣会社に登録します。そして、派遣先の企業のニーズと依頼内容に合致して派遣される本人の了承が応じたら、一定期間派遣される仕組みとなります。また、契約期間のみ人材派遣会社と雇用関係になりますが、派遣スタッフは人材派遣会社に登録しても確実に派遣されるわけではありません。とはいえ、派遣スタッフの業務内容や就業条件を選択できる自由度が高いので、契約期間外は拘束される心配がありません。その影響により、多くの派遣スタッフは複数の人材派遣会社に登録しています。けれども、事業を含めた環境変化の激しい現代は、派遣先の企業から登録型の派遣スタッフに戦略性と専門性を求めています。ちなみに、派遣スタッフの賃金は時間給×実労働時間から算出されますが、手当と退職金は存在しません。また、交通費は人材派遣会社や案件によっては支給されることもありますが、基本的に自己負担となります。
そして、派遣スタッフの労働時間と賃金が社会保険の加入要件を満たす際は、人材派遣会社の社員として強制的に社会保険に加入することになります。人材派遣業において、一般労働者派遣事業は自由度の高い派遣業として、複数の人材派遣業の会社に登録して勤務するのが一般的となっています。

ピックアップ

人材派遣は許可がいる

派遣というのも今ではかなりしっかりと普及しているといえます。業者数も増えていますから、認知されて、そして、隆盛しているといってもよいでしょう。しかし、様々なほかの事業と同じです。勝手にやってよい商売ではないです。キチンと許可が必要になっています。まず、人を登録して、派遣をすることに無責任なところがやられるのは非常に不味いわけです。ですから、キチンと行政による許可が必要な商売なわけです。加えて、どんなこと…

白い服の女性

人材派遣業の業態とは

実は派遣といっても業者によってそのやり方がやや違うことになります。人材派遣業といってもどんな風に派遣をさせるのか違うわけです。まず、規制緩和によって、一般派遣が単純労働に認められるようになり、派遣というのはほぼこれを指すことが多くなっています。それは間違いないことです。何しろ、大半のこの一般派遣業に該当するからです。しかし、実はいくつかの派遣の方法があるのです。もう一つが、特定派遣になります。やり方とし…

スーツの女性

人材派遣業の企業はたくさんあります

人材派遣をする企業、つまりは人材派遣業を商売にしているところですが、物凄くたくさんあります。一時期は、時代の寵児といわれるほどの企業もたくさんありました。それはよいのですが、業態としては人がいてこそ成り立つ商売になります。つまりは、いろいろな仕事に人材を派遣するわけです。色々と規制緩和されているのですが、やはりそれでもできない職種もあります。例えば港湾業務には駄目です。これの理由としてはあまりにも危険度…

ネクタイを結ぶ男性

人材派遣業としては

人材派遣業が隆盛しているのは、まず正規雇用ではないからです。企業としてはこれほど有難い人材の確保の仕方はない、といっても過言ではないのです。ちなみに安価な労働力なのか、といいますと実はそうでもないです。物凄く長期的に見ますとそうであることもありますが、短期的に見ますと派遣会社に支払うことになる金額は正規雇用よりも上、ということがあります。そのあたりが悩ましい部分ではあります。それとそもそもの設計思想とし…

走る男性